好き避け にらむ

好き避けでにらむ場合の心理について

スポンサーリンク

好きな相手をにらんでしまうという行動も、好き避けで良く見られるパターンの一つです。
こういった相手をにらむ行為は、気になる相手が目の前に現れた時に瞬間的に生じることが多々あります。
当人としては一種の警戒モードに突入している状態であり、それまでの心穏やかな状態が少なからず脅かされているのがこの場合の心理状態です。
このような心の変化は、特別な感情を抱いていない相手に対しては生じることがないと言えます。
好きな相手をにらむという行動は、子供や思春期の学生などによく見られます。
ですが、昨今ではこの手の行動をとる大人世代が増えているのが現実です。
恋愛に際しては、つい子供のような行動をとってしまう方も多く、男女問わずこの手の行動は頻繁に起こり得ます。
ですので、心当たりがないにもかかわらず相手からにらまれてしまったという場合には、好き避けをされている可能性大きいです。
少なくとも相手に何らかの心の動揺があると解釈出来ます。

スポンサーリンク

誤解が生じやすいのが、目の悪い方がこういったにらむ行為をする時です。
視力が低下している場合には、どうしても目をこらして対象物を見る癖が出てきます。
このような時には、あたかも対象をにらんでいるかのように見えることがあるのが問題です。
自分が視線を受けている側の場合、かなり違和感を感じることになります。
常にそのような行動が見られるようであれば、一度相手の視力をチェックしておくのがベストです。
昔から、目の悪い女性は魅力的というのが定説です。
このような説の背景には、少なからず視力を凝らす女性の風情も関係していると考えられます。
にこやかな笑顔とは全く逆のにらみ加減の表情が、時に男性の気持ちを引き付ける要素となるのが恋愛の難しい所です。
にらむことは、相手に注意を向けているという一つのサインになります。
知らない相手ににらまれれば、どうしても意識せざるを得なくなってしまうため、いわば気になる存在となるのが一般的です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加